MAVIC2021 KSYRIUMシリーズ入荷しています

2021MAVIC

2021年MAVICキシリウムシリーズがオススメです

2021年、MAVICは「さらに軽く!さらに強く!」と、リムやハブ・スポークまで新しいシステムが搭載されたモデルが多くラインナップされています。
そんな中ご要望の多いキシリウムシリーズのアルミホイール内で「キシリウムSL・キシリウムS」(チューブレス・クリンチャー両対応)が入荷しています。※今回タイヤの標準付属はありません

2021.1/13時点での店頭在庫
キシリウムSL/リムブレーキ仕様
90.000円+税(ペア:1480g)チューブレスバルブ付属・クイックレバー付属・100×130mm
キシリウムS/リムブレーキ仕様
60.000円+税(ペア:1570g)チューブレスバルブ付属・クイックレバー付属・100×130mm
キシリウムS/ディスクブレーキ仕様
60.000円+税(ペア:1670g)チューブレスバルブ付属・クイックレバー付属なし・100×142mm(12mmスルー)/100×135mm(QR変換アダプター付属=クイック式にも対応)

MAVICジャパン公式ページ

特にキシリウムSは同価格帯の中で他メーカーホイールと比較した場合、1~2グレード上に相当するほどの性能に仕上がっています。
実際、MAVICジャパン自身も「この仕様でこの価格帯の維持が難しければ途中で値上げの可能性もあるかもしれないと言わざるをえないほどのスペックです…」とのお話。
上記いずれのホイールも、チューブレス化で課題となっていた部分への不安がより大きく改善された今年度。特許技術”FOREテクノロジー”によりチューブレスリムテープを使用する必要はなく、2021年MAVICのUSTリムは世界の基準となり、他メーカーチューブレスタイヤのはめ込みがさらに容易になりました。そのリム成形は非常に高い技術を要することから、マヴィックのアルミリム工場で一本一本丁寧に製造されたフランス製なんです。

この機会に”チューブレス”をお試しになってみてはいかがでしょうか。